Top > レーシックコラム > うきは市出身の樽美酒研二もレーシックを受けていた!

うきは市出身の樽美酒研二もレーシックを受けていた!

あのゴールデンボンバーのエアドラム担当の樽美酒(ダルビッシュ)研二さんは福岡県の南東部にあるうきは市出身なんですよ。

その樽美酒さんはなんと2013年の2月にレーシックを受けたんだそうです。

《芸能人の体験談は不安解消&参考に》

人気の高い樽美酒さんのオバマブログに、レーシック手術に向かう所や、手術直後、経過報告まで書かれていました。

手術直後の不安な気持ちはもちろん、0.1から1.5にまで視力が上がってウキウキの写真も見ることができますよ。

今まで、白塗りのメイクにより目がゴロゴロしたりなど不便だったのにそれもなくなり、ステージからもはっきりとお客さんの顔を見ることができて大満足だそうです。

みなさんは樽美酒さんのように白塗りすることはないかもしれませんが、コンタクトを装着中にメイクや目にゴミが入ったりなどで目がゴロゴロした経験は1度はあるはず。

レーシックを受ければ、今までのような痛みを味わうことはないはずですよ。

なにより、芸能人のレーシック体験談は、ネットなどで見る体験談より参考になりますよね。

ネットでの体験談は、手術前後の様子だけや、いつ受けたかも分からないようなものなど様々です。

それに比べて、芸能人の場合は、術後の様子もテレビなどを見れば知ることができますからね。

ゴールデンボンバーの最近の活躍を見れば、レーシックで失敗したなんてことはないのが分かりますよね。

《手術日は1泊宿泊するのがおすすめ》

しかし、残念ですがうきは市にはレーシックを受けられるクリニックは現時点ではありませんでした。

福岡でも人気の高いクリニックは福岡市内にあるので、頑張って通いましょう。

うきは市内から人気の高いクリニックが多い天神までの行き方を調べてみました。

●最も安い方法(片道1,450円・1時間46分・2回乗継あり)

うきは駅-久留米駅(JR久大本線)→久留米駅-博多駅(JR鹿児島本線快速)→博多駅-天神駅

●最も乗り換えが少ない方法(片道2,250円・1時間16分・1回乗継あり)

うきは駅-博多駅(JR特急ゆふ4号)→博多駅-天神駅

手術日の翌日も検診があります。

宿泊すれば帰りの心配なく、ゆっくりすぐに休むことができるでしょう。

ホテル代の負担はありますが、1回分の往復交通費は浮かすことができますよ。

レーシック 福岡