Top > レーシックコラム > 柳川市名物はレーシック前後の目にいいものばかりだった!

柳川市名物はレーシック前後の目にいいものばかりだった!

柳川市でレーシック手術ができる眼科やクリニックを探してみましたが残念ながら見つけることができませんでした。

しかし、柳川市にもレーシックを受けている人はたくさんいます。

調べてみると、柳川市民もやはり当サイトで人気の高い福岡市内のクリニックへ通っているんですよ。

レーシックは入院の必要なく手術を受けられますが、適応検査・手術・翌日検診・定期検診と最低でも5回は通わなければなりません。

人気のクリニックへ通う場合の交通費をしっかり知っておきましょう。

福岡で人気第1位の品川近視クリニック福岡院も神戸神奈川アイクリニック福岡院もどちらも天神にあります。

西鉄柳川駅から西鉄福岡駅までは片道830円になり、特急利用の場合は47分の乗車時間となります。

時刻表を調べて把握しておきましょうね。

《柳川名物は目にいいものばかり》

柳川市の名物と言えば、"柳川鍋"と"うなぎのせいろむし"ですよね。

実は、柳川鍋もうなぎのせいろむしも目にとっても良い栄養素がたっぷり取れるって知っていましたか?

まず、目に良い栄養素を挙げてみましょう。

・ビタミンA-目の新陳代謝を保つ

・ビタミンB群-目の疲れを回復してくれたり視力低下予防も

・DHA-網膜など目の重要な組織をつくる材料となる為、DHA不足になると視力が低下してしまうことも

・カルシウム-カルシウム不足により眼球を保護する強膜の機能が低下し、視力低下や眼精疲労の原因にも

うなぎにはビタミンA・ビタミンB群・DHA・カルシウムなどが豊富です。

また、どじょうにも、ビタミンA・ビタミンB群・カルシウムが豊富に含まれているんですよ。

レーシックを受けたら、もう視力が悪くなることはないということではありません。

しっかり目に良い栄養を取り、眼精疲労を予防したり、また視力を下げることがない様に気をつけなければなりません。

もちろん、これはレーシックを受けた後だけでなく今からでもすぐに見直してみるべきです。

どうせ手術するから・・・と無駄に視力を下げる必要はありませんし、視力が悪すぎて手術が受けられないなんてことにもなりかねませんからね。

目にいい柳川名物を美味しく食べて、レーシック手術に備えてくださいね。

レーシック 福岡