Top > レーシックの基礎知識 > レーシックで二重まぶたになるって本当?

レーシックで二重まぶたになるって本当?

レーシックの体験談や口コミ情報の中に『レーシックを受けた後、一重まぶたが二重になった!』というものがありました。

《レーシック手術では角膜のみ施術する》

しかし、残念ながら、これは偶然というのが事実になります。

レーシックでは、角膜にレーザーを当てるのみで、まぶたには何もしませんからね。

年齢を重ねると、若い頃に比べてだんだんとまぶたの脂肪が少なくなります。

これにより、一重から二重まぶたになってしまう人は多いんですよ。

ここでは、他にも二重まぶたとレーシックに関わる疑問を解いていきましょう。

《二重まぶたにまつわるQ&A》

(Q)二重まぶたに整形しているけどレーシックは受けることが可能?

(A)整形していてもレーシックは受けることが可能なのでご安心ください。

ただし、福岡で人気ナンバー1の品川近視クリニック福岡院では、二重の整形手術を受けてから1ヶ月以上経たないとレーシックを受けることができませんのでご注意ください。

また、二重手術を受けていることを事前の問診票にてしっかりと答えましょうね。

恥ずかしいからと内緒にしたままでは、最善の手術が受けられないので隠さないようにしましょう。

(Q)二重まぶたの整形とレーシックの両方を受けたいけど、どちらが先がおすすめ?

(A)レーシックを受けてからの方がおすすめです。

レーシックを受ける際、ついでに二重手術を受けたいという人はとても多くなります。

メガネから裸眼に変わるついでに二重にすれば気づかれにくいですし、レーシックで休んだついでに整形も・・・という気持ちも分かります。

まず、二重手術を先に受けた場合は1ヶ月、レーシックを先に受けた場合は3ヶ月は空けなければなりません。

その為、立て続けに手術を一度にできないことを知っておきましょう。

また、短い期間で済ますならレーシックを先に受けた方がいいのはと思うかもしれません。

しかし、レーシック手術の際、まぶたが閉じてしまわないように固定する為の開眼器という器具を装着します。

開眼器を装着することで稀ではありますが、二重にしている糸が緩んだり切れたりすることで幅が変わってしまう可能性があります。

二重手術をやり直さないで済む為にも、先にまずはレーシックを受けることがおすすめなんですね。

もちろん、レーシック後の回復は人それぞれ変わってくるので、3ヶ月後必ず二重手術が受けられるとは限りません。

不安な点はしっかりそれぞれの医師に相談し、二重&裸眼ではっきり見える目を手に入れましょうね。

レーシック 福岡