Top > レーシックの基礎知識 > レーシック体験者に聞く準備してよかったもの

レーシック体験者に聞く準備してよかったもの

レーシック手術を受けた体験者に、手術前に準備しておいてよかったというものを紹介していきましょう。

《手術前に準備してよかったもの》

●ラジオを用意したり、好きな音楽をダウンロードしておく

術後はすぐにはっきり見える場合でも、テレビ・本・スマホやパソコンなどはなるべく避けるようにしなければなりません。

ゆっくり体を休めるのが一番ですが、ヒマだとつい眼を使ってしまいがちです。

ラジオや音楽を聞いていれば、眼を使わずに暇つぶしをすることができます。

事前に用意しておいてよかったという人は多いんですよ。

ラジオはパソコンやスマホのアプリを利用して聞くこともできるので、準備しておきましょう。

●保険申請の書類を請求しておく

生命保険や医療保険に加入しており、手術の給付金が出るなら、書類を事前に請求しておきましょう。

手術日にクリニックに提出しておけば、より早く給付金を手にすることができてよかったという意見も多くなっています。

●読み上げソフトやアプリをダウンロードしておく

仕事などで、メールやニュースなどのチェックが欠かせないという場合は、読み上げソフトを利用するのがおすすめです。

手術後すぐに視力が回復する場合だけではありません。

だんだんと視力が回復したり、上がったり下がったりなどで安定するのに時間がかかる場合もあります。

見えにくい時も、読み上げソフトがあれば、術後の眼に負担をかけなくても済みます。

●買い置きなどをチェックしておこう

手術後の辛い時に限って電球が切れたり、トイレットペーパーなどがなくなったりなどもあります。

事前に買い置きをチェックし、万が一の時も困らないものがないか確認しておきましょう。

●時刻表をチェックしておこう

手術後の帰宅時や、翌日検診の時、時刻表が見えにくかったなんてことも出てくるかもしれません。

また、行き帰りスムーズにする為にも、事前に時刻表をチェックしておくと便利です。

このように、いろいろと準備しておくといいものはたくさんあります。

ぜひ、多くの体験談をチェックしてみましょう。

福岡で人気の高い品川近視クリニックも、神戸神奈川アイクリニックもどちらも公式ホームページにたくさんの体験談をみることができます。

また、ネットで調べても、どちらのクリニックもたくさんの体験談をチェックすることができるでしょう。

必要ない場合もあるかもしれませんが、術後、より快適に過ごす為に、準備しておくと安心できますよ。

レーシック 福岡