Top > レーシックの基礎知識 > レーシック手術は何歳から?年齢制限はあるの?

レーシック手術は何歳から?年齢制限はあるの?

レーシック手術は『○○歳~○○歳まで』と一律で決まった年齢制限はなく、それぞれのクリニックにより変わってきます。

《18歳以上からというクリニックが多い》

『何歳から』は18歳以上からというクリニックが多くなります。

まだ眼が成長段階にある17歳以下の場合、視力が安定していないことも多く施術を行っていません。

せっかく手術をして視力が上がっても、またすぐに下がってしまっては意味がありませんからね。

福岡で人気の高い品川近視クリニックも神戸神奈川アイクリニックも18歳以上から手術を受けることができます。

ただし、どちらも未成年者の場合は保護者の承諾が必要となります。

《17歳以下ならオルソケラトロジーという手も》

17才以下だからと諦める必要はありません。

神戸神奈川アイクリニックでは17才以下でも視力矯正することができるオルソケラトロジーがあります。

オルソケラトロジーは就寝時に専用のコンタクトレンズを装着しておくだけで、近視や乱視を矯正できるので、、日中は裸眼で生活することが可能です。

手術のリスクもなく、コンタクトを利用しているなら、使用方法も難しくはありません。

さらに、若いうちににオルソケラトロジーを利用することで近視の進行も防ぐ効果があるんです。

《年齢の上限はクリニックによって様々》

『何歳まで』というのは、クリニックによって変わってきます。

品川近視クリニックでは、65歳までが手術を受けることができます。

神戸神奈川アイクリニックでは、上限に制限はなく、適応検査で手術の条件を満たしていれば何歳でもレーシックを受けることが可能です。

《老眼治療や白内障手術と合わせることも》

年齢が上がれば上がるほど、若いうちにレーシックをするのと比べて、裸眼生活が短くなってしまうので損するように感じてしまうかもしれません。

しかし、品川近視クリニックも神戸神奈川アイクリニックも、同時に老眼治療を行ったり、白内障手術と一緒に近視や乱視を矯正することもできるんです。

裸眼になりたいと思っている方は、無料の相談会や適応検査をまずは予約し受けてみましょう。

年齢が気になるようなら、事前に電話やメールによる相談も無料であるので利用してみましょう。

レーシック 福岡