Top > 手術後の基礎知識 > レーシック手術後の痛みに備えておこう

レーシック手術後の痛みに備えておこう

レーシックは手術中の痛みの心配をしている人は多いでしょう。

しかし、麻酔を使用するので手術中よりも、手術後の方が痛みに備えておく必要があります。

《痛みは人それぞれ》

麻酔は1時間ぐらいで切れるので、手術後の医師の診断中や帰る途中からだんだんと出てくるでしょう。

実際にレーシックを受けた人の体験談をみると様々な感じ方があります。

『玉ねぎを切った時のようにしみるような痛み』という人もいれば、『目が開けられないほど激しい痛み』と感じた人もいました。

こればかりは、実際にレーシックを受けてみないとどんな痛みになるかは分かりません。

《痛みを軽減する対策を行っているクリニックも》

福岡で人気ナンバー1の品川近視クリニックでは、手術後の痛みを可能な限り軽減する為の痛み解消プロジェクトを行っています。

今まで品川近視クリニックで手術を受けてきた体験談をもとに、手術後の痛みをしっかりと対策してくれるんです。

どのクリニックでも手術後には痛み止めの薬がもらえますが、より効果的な使い方をアドバイスもしてくれます。

また、それでも痛いという場合には、専用のコンタクトレンズと内服薬により、痛みを緩和してくれるんですよ。

このような対策があれば、術後万が一痛みが強くなっても安心ですね。

《痛み止めは規定通り&続く場合は医師に相談しよう 》

通常、痛みは早い人は1日、長いと5日ぐらい続いてしまう場合もあります。

しかし、痛いからといって、痛み止めの薬を乱用することはやめましょう。

痛み止めを多く使ってしまうと、その分回復に時間がかかってしまうんです。

だからといって、我慢するのもいけません。

無理して使わず、目をついこすってしまってフラップがずれてしまったということにもなりかねませんからね。

規定通り、無理をせずにうまく痛み止めを利用しましょうね。

あまりにも痛みが続く場合は、早めに医師に相談し診察してもらいましょう。

品川近視クリニックも神戸神奈川アイクリニックも術後のサポートもしっかりしているので、いつでも相談でき安心ですよ。

レーシック 福岡