Top > 適応検査の基礎知識 > 適応検査前の体調管理はしっかり万全で飲酒も控えよう!

適応検査前の体調管理はしっかり万全で飲酒も控えよう!

レーシックの手術前は『お酒は控えよう・・・』と気にする人は多いのですが、適応検査前も同じように万全の体調に整えておくのが一番なんです。

《適応検査で調べたデータは手術でも使用している》

適応検査はレーシック手術が受けることができるかどうかだけの為ではありません。

実際に手術で使用するデータも調べているんですよ。

なので、前日に飲酒し、体調が悪い状態で適応検査を受けてしまうと、通常とは違うデータになってしまう可能性もあります。

それでは、満足いく手術結果になるとはいえませんよね。

必ずしも前日に飲酒してはダメではありませんが、再検査になったり、思うように視力が上がらなかったという失敗にならない為にもお酒は控えておくのが一番安全ですね。

もちろん、飲酒のみならず、体調を整える為には、仕事などが忙しくない時期を選んで適応検査を受けるようにしましょう。

《適応検査後は早めにレーシックを受けるのがおすすめ》

そもそも、適応検査のデータには有効期限があります。

福岡で人気の高い品川近視クリニックも神戸神奈川アイクリニックも検査の翌日から3ヶ月以上経つと再検査となってしまうんです。

だからといって3ヶ月ギリギリに手術を受けるよりも、適応検査後はできれば早めにレーシックを受ける方がおすすめです。

検査後に大幅に視力が下がったり、眼病になることで、再検査となり手術日が伸びてしまったり、最悪手術が受けられないこともありえるからです。

《事前に空いている手術日を確認しておくとスムーズ》

さらに、適応検査と手術が時間が空いてしまうと、それぞれ体調を整えなければならず面倒です。

クリニックに空いている手術日も確認した上で適応検査を予約しておくと、間が空くことなく、より満足いく手術結果も期待できますね。

特に、人気クリニックは利用者も多く、予約もたくさんあるので、事前に確認しておくのがおすすめですよ。

レーシック 福岡