Top > レーシックコラム > パイロット希望でもレーシックが受けられるように

パイロット希望でもレーシックが受けられるように

いままではレーシックを受けているとパイロットになることはできませんでした。

その為、裸眼視力が悪い場合は諦めるしかありませんでした。

《レーシックを受けてもパイロットに!》

しかし、2014年に航空身体検査マニュアルが改正されました。

これにより、レーシック手術を受けた人でもパイロットになれるようになったんです。

アメリカでは前々からパイロットでもレーシックを受けることができましたが、ようやく日本でも改正され認可されました。

いままで、パイロットは唯一レーシックすることでなれない職業でした。

ところが、改正されたことにより、もうレーシックを受けてもなれない職業はなくなりました。

つまり、もうレーシックを受けて後悔する理由はなくなったんです。

品川近視クリニックでは通常18歳以上でないとレーシックは受けることができません。

ただし、職業選択上の理由による裸眼視力が必要という場合は。保護者の同意のもとによりレーシックを受けることは可能です。

無料の説明会を利用するなどして事前にしっかり相談してみましょう。

品川近視クリニック福岡院の院長に直接メールで相談することもできますよ。

《最新のレーシックを選ぶのが安心!》

より安心してレーシックを受けるのであれば、最新の術式を選ぶのがおすすめです。

最新のレーシックになると、新たに機器を導入することなどから手術費用が高くなってしまいがちです。

しかし、最新の方が照射時間が短く済んだり、精度も向上しているなどレーシックの機器も進化しており、より安心して手術を受けることができます。

さらに安全度が向上した分、保障期間も長くなる所もあるんですよ。

今後のこともしっかり考え、より最新のレーシック手術を選びましょう。

もちろん、まずは適応検査を受けてみなければ、どの術式がぴったり合うかは分かりません。

福岡で人気の高いクリニックなら無料で適応検査を受けることが可能です。

相談がてら、まずはレーシックが受けられるかどうか調べてもらいましょう。

レーシック 福岡