Top > レーシックの基礎知識 > ドライアイでもレーシックを受けることは可能?

ドライアイでもレーシックを受けることは可能?

現在ドライアイでレーシックをしたいという時、症状によりすぐに手術できる場合もあれば、治療してから手術という場合もあります。

はっきりレーシックできるかどうかを知る為にも適応検査を受けてみましょう。

福岡で人気ランキング上位のクリニックでは無料で適応検査を受けることができますよ。

《手術可能ならレーシックが絶対おすすめ!》

適応検査を受け、手術可能であるならレーシックを受けるのがおすすめです。

ドライアイだとコンタクトを装着するのも大変という場合もあります。

コンタクトを使用することで余計乾燥してしまい、症状がひどくなってしまうこともあります。

メガネだと不便という人は困りますよね。

また、コンタクトが原因でドライアイになってしまったという人もいます。

その為、レーシック手術を受けることで症状が軽くなったという人もいるんです。

これらのことから、早めにレーシックを受けておくのがおすすめなんですね。

《術後はドライアイが強くなってしまうことも把握しておこう》

ただし、術後はドライアイがひどく感じる可能性も理解しておきましょう。

手術により、涙の分泌が不安定になることもあり、乾燥しやすくなってしまう場合もあるんです。

しかし、回復と共に元通りになっていきますので、それまでは決められた点眼薬を使用するように気をつけましょう。

《どうしても乾燥が気になるなら梅雨時の手術がおすすめ》

『冬だと乾燥しやすくて・・・』と言う人もいるでしょう。

日本の気候であれば、手術に適さない季節は特にありません。

万が一手術後に目の乾燥がひどくなったら嫌だな~と不安であれば、湿気の多い梅雨の時期がおすすめです。

ただし、必ずしも梅雨時まで待つ必要はありません。

待ってしまったことで手術が受けられなくなるかもしれませんからね。

冬場でも加湿することで乾燥対策はできますよ。

まずは、適応検査を受け、手術を受けることができるかを確認しましょう。

レーシック 福岡