Top > レーシックの基礎知識 > 福岡の育休中ママにレーシックがオススメの理由

福岡の育休中ママにレーシックがオススメの理由

育休中の福岡ママは、仕事を休める今のうちにレーシックをしておくのがオススメです。

その理由は大きく分けて3点あります。

≪理由1:前段階でコンタクトができない時期がある≫

レーシックをする場合、施術日一週間くらい前からコンタクトを着用しないようにしなければなりません。

つまりこの期間はメガネで過ごさなければならないわけですね。

仕事をしていて、普段コンタクトの人が、急に眼鏡を着用して来たら、周りの同僚から「今日はメガネなの?」などと聞かれたりしますよね。

眼鏡が似合っている人、好きな人には良いかもしれませんが、眼鏡が似合わないと感じている人にとっては、苦痛でしかない問いかけです。

このような期間も、育休中であれば、その一週間はあまり外出しないようにし、知人と会わないようにすればいいですよね。

福岡で育休中のママは、せっかく仕事を休める今のうちに、レーシックを受けることも考えてみましょう。

≪理由2:万が一のことも考えて手術前後に休みが欲しい≫

さらに、レーシックは最近では手術時間もますます時間が短くなり、技術が進歩してトラブルもかなり減ってきました。

しかし、だからといってトラブルが絶対に100%でないわけではありません。

仕事をしながらレーシックに通うと、万が一週末にレーシックした後に、トラブルが出たりしてしまっては、月曜からの業務に差し障ります。

場合によっては仕事を休まなければならなくなります。

育休中のママであれば、手術を受ける前後はお休みですから、仕事に行ったりしなくていい分、家で安静にできます、トラブルが出た場合も、会社を休んだりせず、病院に行けますよね。

仕事に対する責任感が強い人こそ、育休中や産休中にレーシックを受けておくのがオススメですよ。

≪理由3:仕事が始まってからではレーシックがより難しくなる≫

最後に、育休が終わり、仕事が始まってからでは、レーシックを受けるのが難しくなるので、育休中のレーシックがオススメです。

仕事が始まってしまうと、仕事の拘束時間が終わっても、保育園に子どもを迎えに行き、そこからは家事と子育てに追われる日々が続きます。

育休中ももちろん暇というほどではありませんが、仕事が始まる前にできることはしておくと、仕事が始まってからしんどい思いをすることが少なくなりますよ。

これらの理由から、仕事が始まる前の育休中のレーシックがオススメです。

ただし、母乳で育てているママは時期によってはレーシックが難しい場合があるので、授乳を止めてミルクに切り替えたあたりで考えてみるのがオススメですよ。

レーシック 福岡