Top > レーシックコラム > 福岡でスカウトされたい人は絶対レーシック!

福岡でスカウトされたい人は絶対レーシック!

福岡出身の芸能人が多いことからわかるように、福岡にもたくさんのスカウトマンがいて、日々目を光らせています。

そんなスカウトマンにスカウトされて芸能人デビューしたいと考えている人は、まずレーシックを受けておきましょう。

≪眼鏡が似合う芸能人もいるけど・・・≫

確かに眼鏡が似合う芸能人はいますが、男優や女優を見ても役柄ではめたり外したりしていますよね。

多くの芸能人が今やレーシックをして裸眼の視力矯正をしています。

眼鏡は度が入っていないものをファッションアイテムとして付けていることが多いですね。

実際、眼鏡が無いと困る場合、芸人であれば何かのハプニングで眼鏡が壊れてしまうと使い物にならなかったりしては問題がありますよね。

役者の場合、役柄によっては裸眼が強制されることも。

逆に裸眼の視力が良ければ、眼鏡をかけるかどうかはファッションの問題なので、好きにかけたり外したりできます。

芸能人にはこのようなフレキシブルな対応がいつでも求められますから、「これはダメ」というのが多い人は向いていません。

福岡から芸能人デビューを考えている人は、やはりレーシックをして視力を回復しておくのがベストですね。

≪眼鏡は目の大きさがわからず本来の顔ではなくなる≫

次に、度の入った眼鏡をしていると、近眼の場合は目が本来よりも小さく見えますし、遠視の場合は目が本来よりも大きく見えます。

すると、いざスカウトマンがスカウトしようと思っても、本来の顔がわからず、バランスもおかしくなってしまうので、本当に可愛い女の子なのか、本当にかっこいい男の子なのかわからなくなってしまうのです。

また、最近は度入りのカラーコンタクトをしている人も増えましたが、カラーコンタクトも目の表情を変えてしまい、不自然さが生まれるのでスカウトマンから無視されることも少なくありません。

本来の顔で勝負する為にも、やはり目は裸眼でいるのが一番なのです。

≪コンタクトだと目を痛め、カメラライトなどに耐えられない恐れも≫

最後に、裸眼がいいならコンタクトでいいのでは?と思われるかもしれませんが、スカウトマンはそこも見ています。

芸能人になると、目に負担をかける機会が増えます。

例えば俳優の場合は10時間以上撮影に要することも。

その間ずっとコンタクトを付けておくと、目が充血してしまったり、目がかゆくなったり、トラブルを招いてしまう恐れがあります。

そのようになっても、回復するからいいと思うかもしれませんが、撮影は待ってくれませんから充血したままテレビ出演しなければなりません。

コンタクトは目に負担をかけますから、やはり長時間着用には向いていません。

カメラライトによる乾燥の影響も強く受けやすいので、やはり芸能人になりたい場合はこれらのことを考え、レーシックをしておくのがオススメです。

レーシック 福岡