Top > 手術前の準備 > レーシック前の夜更かしで施術が受けられないこともある?

レーシック前の夜更かしで施術が受けられないこともある?

レーシック前の夜更かしによって、最悪の場合レーシック施術が受けられなくなる恐れもあります。

その理由は大きく分けて3点あります。

≪理由1:眼球のコンディションが悪くなる≫

レーシック前に夜更かしをすると、目のコンディションが悪くなります。

これにより、レーシック後の経過が悪くなったり、無用なトラブルに発展することもあるのです。

さらに、レーシック手術は、医師がレーシックをしてもいいという診断結果を出さなければ受けられません。

夜更かしで目のコンディションが悪く、充血しているような場合、程度によってはレーシック延期を提案される場合もあります。

夜更かしをすると、目はずっと活動し、ずっと働いているので、休まる暇がなく、充血したり赤くなったりしますよね。

当然このような状態では、検査を受けてもレーシックが受けられないという診断が出る場合があるのです。

目のコンディションを整え、レーシック成功させるためにも、手術前はなるべく早寝早起きを心がけ、目をいたわりましょう。

≪理由2:寝坊で時間通りに到着できずキャンセル扱いに≫

次に、夜更かしをしてしまって、予約していた来院時間を過ぎてしまった場合、次の予約などの関係で、最悪の場合はキャンセル扱いになる場合があります。

夜更かしをしてしまうと、次の日のリズムもくるってしまいますよね。

ですから、いつもなら起きられる時間でも、夜更かしをしたためにきちんと起きられず、レーシックに間に合わない事態にもなりかねません。

レーシックを受ける日は、きちんと時間通りに来院するためにも、少し早く家を出るくらいの心構えでなければなりません。

夜更かしせずに、早寝早起きで遅刻しないように来院しましょう。

≪理由3:夜更かしによる体調不良で施術が受けられない場合も≫

夜更かしによって体調不良を起こした場合、施術が受けられないと医師から判断される恐れがあります。

夜更かしをすると体が休まる暇がなく、次の日に疲れを持ちこしてしまいます。

体調が優れない状態では、レーシック手術時に使用する麻酔が危険だと判断される場合もあります。

また、夜更かしで体調不良を起こしていると、術後の経過も悪くなりがちなので、手術が延期になったり、当日受けられずキャンセルしなければならなくなることもあります。

これらの理由からレーシック前に夜更かしするのはNGです。

規則正しい生活を心がけ、施術を受けるべく体調や眼球のコンディションを整えていくことが重要です。

レーシック 福岡