Top > レーシックコラム > 安いレーシックと高いレーシックの比較ポイントは何?

安いレーシックと高いレーシックの比較ポイントは何?

一言にレーシック治療と言っても、安いレーシックと高いレーシックがありますよね。

その値段の違いは何かわからず、迷っている人も多いことでしょう。

そこで今回はそれぞれをどこに着目して選ぶべきかについて、詳しく解説しましょう。

≪注目ポイント1:最新機器かどうか≫

まず安いレーシックと金額が高いレーシックとは、使用する機械が異なります。

例えば、大きく分けてレーシックの方法にはマイクロケラストームという従来の方法と、イントラレーシックという方法があります。

もちろん、新しいレーシック方法であるイントラレーシックのほうが金額は高くなりますが、その分より正確な視力矯正が可能になっています。

さらに、同じイントラレーシックでも、最新の機械を使ったものは倍くらいの値段が必要な場合もあります。

最新機器では、これまでレーシックで問題となってきた、見え方の問題が改善されています。

さらに、最高峰の機種によっては、手術後の炎症を軽減してくれて、回復も早く、裸眼ライフをもっと早く楽しめるものもあります。

レーシック手術も日進月歩で進化しているので、もし予算があるようであればやはり最新のレーシック機器で手術を受けたいものですね。

≪注目ポイント2:保証期間や保証内容≫

その上、最新のレーシック機器の場合は、再手術などの必要性もさらに下がるので、同じ保証内容でも保証期間が長いことが多いです。

眼科によっては保証期間が無制限のところもあるようですね。

一方で、有名な人気眼科と地方の小さな眼科とでは、保証内容や保証期間に大きな差があります。

人気ランキングにも登場する、全国的にもたくさん展開しているレーシック眼科は、保証期間や保証内容が手厚く長い傾向があります。

一方で地方の小さな眼科では、手術件数が少ない為にあまり手厚い保証内容でない場合が多いです。

例えば再手術にはお金がかかるところがあったり、保証期間がたった1年、2年というところも少なくないのです。

その上、レーシック手術後の診察料金や薬代などの部分においても、地方の小さな眼科のほうが比較的高くつくことが多いです。

同じ手術を受けていても、保証期間や保証内容が異なる場合があるので、眼科ごとの特徴をおさえて比較しましょう。

≪注目ポイント3:クリニックの効率≫

人気の大手眼科は効率を上げてたくさんの手術を行っているので、より安価に最高峰の手術が受けられます。

手術件数も多く、効率の良い眼科で受けるのが割安というわけですね。

これらの注目ポイントに注目して、単純に安いかどうかではなく、本当に効果の割に割安でお得なところを見つけましょうね。

レーシック 福岡