Top > レーシックコラム > 近眼用のレーシックをしても老眼レーシックを将来受けられる?

近眼用のレーシックをしても老眼レーシックを将来受けられる?

近眼用のレーシックを受けても、将来老眼用のレーシックを受けることは可能です。

≪老眼レーシックは近眼レーシック後でも受けられる≫

最近は老眼治療にも老眼レーシックを受けることができ、ますます眼鏡が必要ない時代になってきましたね。

しかし、ここで気になるのが、過去に近眼用のレーシックを受けていること。

でも、問題はありません。

一度作ったフラップはそのまま使用する可能性がありますから、このフラップをめくることに問題がなければ、基本的には現在の老眼レーシックも受けられるのだそうです。

もちろん、その時の目の状態によっては、受けられない場合もあります。

例えば、年齢を重ねるとコラーゲンが減りますよね。目の角膜もコラーゲンですから、角膜が年齢に応じて薄くなってしまっていることもあるのです。

そうなると、レーシックでは角膜に治療を行うので、薄い角膜では問題が生じる恐れがあります。

レーシック後であっても、角膜の状態や目の状態に異常がなければ、いくつかの老眼レーシックは受けられるのです。

≪場合によっては将来の老眼レーシックが格安になることも≫

その上、近眼用のレーシック手術を受けている場合、将来的に老眼になった場合の老眼レーシックの料金が格安になることもあるのです。

例えば品川レーシックの場合、アフターケアの会員に無料でなることができます。

この会員になると様々なお得情報をもらえるのですが、中には老眼治療が半額になるようなキャンペーンもあるんですね。

もちろん、時期によってキャンペーンの内容は変わりますから、一概には言えません。

現在レーシックが始まって20年くらいになり、当時近眼に悩んでいた人が老眼に悩まされるようになった現在では、老眼レーシックの需要も高まっています。

その為、需要がある老眼レーシックを、かつて近眼レーシックを行った人に格安で行うような眼科クリニックも出てきているというのが現状のようですね。

≪同じ院にかかることが多いので眼科選びは慎重に≫

近眼から老眼にということを考えた場合、レーシックをする眼科を選ぶ際は慎重にならなければなりません。

なぜなら、その眼科とは長い付き合いになる為です。

仮に近眼のレーシックを受けた後で、何年も経っていても、目の見え方に異常が出てきたらレーシックを受けた眼科に1度は行きますよね。

老眼と判断されたらその後レーシックを受けられるかなどの検査も、多くの場合は近眼で利用したレーシック眼科を訪れます。

ですから、長い付き合いになるレーシック眼科を選ぶ際は慎重に行いましょうね。

レーシック 福岡