Top > レーシックの基礎知識 > レーシックのデメリットは?

レーシックのデメリットは?

レーシックのメリットは、メガネやコンタクトの人ならわざわざ言わなくてもわかりますよね~。

特に最近では、万が一の災害時に備えてレーシックを検討する人が増えています。

急な災害で、メガネやコンタクトがなく生活することを考えたら不自由なことばかりで不安ですよね・・・。

では、レーシック手術をしたことによるデメリットとはなんでしょうか?

その1番はやはり手術の成功が100%ではないということでしょう。

成功率が高くなったとはいえ、やはり"手術"するわけですから、他の手術同様、失敗しないとは100%言い切れません。

そして、気になる後遺症も、乾燥するドライアイや、まぶしいときにぼやけてみえるハロ現象など手術後2~3ヶ月で改善される場合がほとんどですが、まったくないとはいいきれません。

しかし、それでもレーシックを受ける人が年々増加しているのは、やはり裸眼で見ることの便利さにはかなわないという点ですね。

デメリットを理解するには、まずは、レーシックのことをしっかりと自分で理解することです。

わからない所はしっかり聞き、お医者さんと自分の目のことをしっかりとチェックしあえてから手術に向かえば後悔はしないはずですよ。

レーシック 福岡