Top > レーシックの基礎知識 > イントラレーシックって?

イントラレーシックって?

最近よく聞くようになったイントラレーシック。

レートックと何が違うのかしっかりと知っておきましょう。

まず、視力矯正手術では、レーザーを当てるために、最初に角膜にふたを作ってあけないといけません。

このふたをフラップと読んでいます。

今までのレーシック手術では、フラップは装置を使って医師の手により作成していました。

しかし、イントラレーシックでは、コンピューター制御により薄いフラップを作ることができるようになりました。

薄いフラップが作れる利点は、強度の近視の人の矯正ができたり、角膜が薄くてレーシック手術ができないといわれていた人でも手術が受けられるようになったことです。

さらに、今までのレーシック手術よりも精度が上がることで視力の回復度も上がるだけでなく、安全面でも高くなったといえるでしょう。

レーシックの最新の技術がイントラレーシックであるのがわかっていただけましたか?

これを読めば、レーシックより、イントラレーシックがオススメなのはわかりますよね。

レーシック 福岡