Top > 手術後の基礎知識 > 手術後の運動はいつからできる?

手術後の運動はいつからできる?

晴れて視力が回復したあなたは、今まで思い描いていた生活を満喫したくてたまらないでしょう。

しかし、もう少しの我慢です。

レーシック手術後にはフラップが衝撃でずれたりしないように安静にする必要があります。

レーシック手術の種類によっては激しい運動に適した手術方法もありますが、基本的に手術後は医師の許可が下りるまで激しい運動は避けるようにします。

一般に、手術後から1ヶ月ほどでは激しい運動ができるようになります。

また、手術後にはなるべく目に負担をかけないようにすることも大事です。

暗い部屋での作業を続けたり、パソコンの前で長時間作業をするなど、目に過酷な条件で生活を続けると近視戻りを招くとも言われています。

再度近視になってしまった場合、フラップを作成しないレーシック手術であれば、再度手術が可能ですが、フラップを作成する手術の場合には角膜の厚さが問題となってきます。

フラップが定着するまでの最初の期間は今後の目の健康に非常に重要な期間でもありますのでケアを怠らないように、また、無理をしないようにしましょう。

レーシック 福岡