Top > 手術後の基礎知識 > レーシック手術後のシャワーやお風呂

レーシック手術後のシャワーやお風呂

レーシック手術後のお風呂についてです。

入浴や洗顔の際に水が目に入ってしまい、感染症になったりしないように気をつけなければなりません。

レーシック手術を終えた当日は残念ながらシャワーや入浴などの水が跳ねてくるようなものは禁止です。

なので、手術前にさっぱりして行くようにしましょう。

コットンに水を含ませて軽く顔を拭くことはできますが、必要以上に目の周辺をこすったりしないようにしましょう。

顔より下のシャワーは手術の翌日からOKです。

翌々日からは洗顔や洗髪も大丈夫ですが、目の部分を強くこすったり押したりしないように気をつけるようにします。

目の周辺に水が飛んでこないように気をつけてくださいね。

夏に手術を終えた方には残念なお知らせですが、プールや海水浴など、水が目に入る危険があるイベントは1ヶ月ほど避けるようにしてください。

フラップが安定するまで数週間から1ヶ月必要ですので、その間は目の周辺にコットンを押し当てるなど、強い力を加えたりしないようにしましょう。

数週間は目の周辺のお化粧も控えたほうが無難ですね。

レーシック 福岡