Top > 手術後の基礎知識 > レーシック手術後の運転に注意

レーシック手術後の運転に注意

レーシック手術当日の運転は控えるよう、クリニックで説明があります。

まだ感覚がつかめていないことと、物がまだはっきり見えなかったり光に過敏に反応してしまうことがあります。

手術の日は誰かに運転してもらうか徒歩、公共の交通機関を利用しましょう。

レーシック手術が終了し、晴れてあなたの視力が回復したら...想像以上に世界が華やかに見えることでしょう。

これらの世界感をしばし楽しんだ後、大事なことを忘れないように気をつけなければなりません。

それは、運転免許証のことです。

眼鏡やコンタクトレンズを使用していたあなたの運転免許証には「眼鏡等」と大きく表に記載されているはずです。

この条件を解除してもらうため、近くの警察所か免許センターに足を運び、簡単な視力検査を受け、運転に眼鏡が必要であるという条件を解除してもらう手続きが必要です。

手続き自体には費用もかからず、すぐに済みますので、面倒くさらずに時間を作って条件解除をしてもらうようにしましょう。

万が一これを怠った場合、罰金・違反点数が課されることとなりますので忘れないようにしてくださいね!

レーシック 福岡