Top > レーシックの基礎知識 > レーシックのリスクって?

レーシックのリスクって?

体の中でも最も大切なのは目ですよね? 目が見えないということは通常の生活に支障をきたしてしまうほど大切な場所です。

レーシックはそんな大切な目の手術を行なうのですから、受けるのが怖くないという人はいませんよね?

一番の恐怖はやはり、失明してしまうかもしれない・・・ということですね。

でもこれだけ普及している今でも過去にレーシックの手術自体で失明した人はいないのです。

手術はコンピュータ制御で行なうので、眼球を傷つけてしまうようなこともないのですが、一番怖いのは術後なのです。

レーシックを受けた後のケアを怠ると、炎症や合併症を起こしてしまうのです。

不衛生な状態で感染してしまったりすると合併症を引き起こしてしまうのです。

でもほとんどのクリニックでは抗生物質を使用したり、クリーンルームでの手術を行なうなど衛生面では徹底していますので安心してください。

自分でできるケアとしては、目を乾燥させないことやクリニックでもらった目薬をキチンとさして保湿と消毒を怠らないことです。

しばらくは、目を酷使することも避けたほうが賢明ですね。

そんなに無茶なことをしなければ、合併症になることもないのですが合併症を引き起こしてしまうと失明するリスクもあることだけは理解しておきましょう。


レーシック 福岡