Top > レーシックの基礎知識 > 心配なのは手術中の痛み

心配なのは手術中の痛み

レーシックを受けるときに心配なのは、失明の次に手術中の痛みですよね。

角膜をめくる・・、レーザー、などなど言葉を聴いているだけでも痛そうに感じてしまいがちです。

目をいじられるので、動いてしまったらどうしよう・・痛くて目をつぶりたくてもつぶれない・・不安なことは沢山あります。

でもご安心を! レーシックの手術でも手術が終わった後にも痛みは発生しないのです!!

もちろん麻酔を点眼して行いますが、点眼をしなくても角膜上での粘膜での作業のみなので痛みは無いので安心してください。

手術を行なうときには目が閉じないように、瞼を開く機械で固定しまうので瞼への痛みは多少感じることはあるかもしれません。

それと、レーシックにも色々な種類があり中には術後に多少の痛みが残ることもあるようですが、基本的には熱を発しないエキシマレーザーを使用して行うため痛みは残らないようです。

痛みがないと確認できただけでも、レーシックに少し近づけた感じもしますよね。

レーシック 福岡