Top > レーシックの基礎知識 > 老眼でも大丈夫?

老眼でも大丈夫?

レーシックを受けると、後遺症として老眼が出やすくなるということは聞いたことがあるのですが、老眼にはレーシックってできるのでしょうか?

そもそもレーシックは遠くのものを良く見えるようにする手術なのです。

老眼と同じ症状・・というと御幣がありますが老眼も遠くは見えるけれと近くがみえづらいというものですよね。

なので中高年のかたにレーシックをする場合には注意が必要のようですし、視力障害がでてくることもあるようです。

でも、今では老眼専用のレーシック特別治療法があるので安心ですよ。

通常老眼の方がレーシックを受けた場合には翌日から近方用のメガネが必要となり、なれるまでに数ヶ月かかるものもあります。

でも老視矯正レーシックやレーシックカメラと呼ばれるものならば、翌日から遠くも近くも見えるというメリットがあります。

年齢が高くなるほどメガネやコンタクトは面倒なので、レーシックを受けたいと思いますよね。

レーシックには種類が色々ありますので、老眼でも症状によって対処法も違いますので眼科医とよく相談して決めましょう。

レーシック 福岡