Top > 手術前の準備 > 手術前後期間のアイメイク

手術前後期間のアイメイク

第一印象に大事なアイメイクですが、レーシック手術の数日前後はアイメイクはNGです。

これは、アイメイクそのものが目に傷をつけてしまう危険性があることが理由の一つです。

また、しっかりとメイクを落としたつもりでも、目の周辺に化粧が残ってしまい、目の中に手術の際に入ってしまうこともあります。

さらに、手術後にフラップを安定させるために目の周囲に力を入れることがタブーなため、アイメイクを落とす手段も限られてきます。

目をこすっただけでフラップがずれてしまうことだってあるのですから、洗顔の際にフラップが...なんてことも十分ありえるんですね。

このような危険な状態を避けるため、手術の数日前後はアイメイクはおあずけです。

人に与える印象も大事ですが...何よりも自分の健康が大事ですよね。

ちょっとの辛抱です。

メイクを避けて健康な目を守るようにしましょう。

手術からの回復が確認でき、医師からの許可がおりれば、眼鏡やコンタクトレンズを気にしないでアイメイクができるようになるのですから楽しみですね!

レーシック 福岡