Top > 適応検査の基礎知識 > 症例数をチェック

症例数をチェック

レーシック手術では、計測がうまくいっていないと手術後の視力回復が芳しくなく、めまいや頭痛に悩まされることもあります。

信頼できるクリニックを利用することでこのような状況を避けることもできます。

乱視では特に、角膜や水晶体の歪みを計算した上での施術が必要です。

まず、不正乱視は歪みをしっかりと計測するための精密機器が必要です。

よって、第一条件として精密機器を取り扱っていることがあげられます。

次の条件は、計測された歪みを考慮して手術をすることのできる技術をもっているかが問われます。

より経験を重ねてきた医師だからこそできる、細かな部分を考えた矯正手術を行う技術があればあなたの乱視も矯正できるはずですよね。

しかし、技術があるかないか、初めてレーシック手術を受けようとする方が判断するのも難しいですよね。

そこで参考になるのが症例数です。

クリニックによっては症例数をきちんと報告していますので、これらを参考にしてみると良いでしょう。

レーシック 福岡