Top > 目に関する基礎知識 > 多くの人の悩み、近視

多くの人の悩み、近視

近視は、角膜と水晶体を通ってきた光が上手く網膜にたどりつけずにその手前で像ができてしまう症状です。

焦点のあっていないプロジェクターから想像がつくように、焦点のあっていない像の情報を受け取っている近視の方は、ぼやけた像として物を観察します。

しかし、近場の物に関してはかろうじて観察することができるため、本やテレビ・パソコンのモニターなどにぴったりとくっついてしまう癖がつくことがあります。

成長とともに眼球も成長変化が加わるため、近視の方の成長期には視力が大きく低下し、眼鏡やコンタクトレンズの買い替えを余儀なくされます。

一方で、近視は治療の必要な病気とは見なされないため、コンタクトレンズや眼鏡の購入はもちろんのこと、視力矯正手術などにも健康保険が適用されません。

さらに、近視の度合いによっては、強度近視、最強度近視と呼ばれ、これらのカテゴリーに入ると網膜はく離などの目の病気のリスクが高くなることも知られています。

日本では実に人口の半数以上が近視であるといわれていますが、近視が進行すると経済的負担だけでなく病気の可能性も大きくなる、注意の必要なものなんですね。

レーシック 福岡