Top > 目に関する基礎知識 > 乱視は歪みが原因

乱視は歪みが原因

初期症状が視力の低下であるために、近視と勘違いされやすい乱視。

診断を正確に行うには眼科医にてみてもらう必要がありますが、多くの方が初期の段階で眼鏡店での簡易な視力検査で済ませてしまいます。

乱視を補正するためのレンズを用いないと、さらに乱視が進んでしまい、通常の眼鏡でも視力矯正が困難になることがあります。

網膜や水晶体の歪みが原因で光が上手く網膜上の一点に集まらなくなり、物が幾重にもなって見えてしまうのが乱視の特徴です。

乱視が進行すると、距離感がつかめないために、運転に支障が出たり、日常生活にも支障が出るようになります。

このような状況に陥らないようにするためにも、定期的に眼科医に目の状態を診てもらい、乱視の症状があるようなら早期に対処してもらうようにしましょう。

誰もが生まれながらにしてある角膜や水晶体に多少歪みがありますが、実は、物理的に目に傷がつくことで乱視になってしまうこともあります。

後々後悔をしないように、危険な作業がある場合には保護メガネなどを利用してしっかり健康な目を守りたいですね。

レーシック 福岡