Top > レーシックの基礎知識 > レーシック以外に視力を回復する方法はない?

レーシック以外に視力を回復する方法はない?

レーシックの手術は、誰もが受けられわけではありません。

ですから、レーシックを受けたいと思っていたのに、角膜の厚みや、角膜の形状、近視や乱視が強い方いためにレーシックを受けられないと判断されてしまった方もいるのではないでしょうか。

これでもう視力を回復する方法はないと諦めてしまってはいませんか?

実は、レーシックが受けられないと判断されてしまった人でも受けられる可能性がある視力矯正手術があるんですよ。

ここでは、その中でも主要な視力矯正手術を紹介しましょう。

■角膜内リング

角膜内リングは、角膜の周辺部に半円のリングを挿入し、角膜の形状を変えて視力を矯正します。

この手術は、円錐角膜が原因でレーシックを受けられなかった方でも受けることが可能です。


■フェイキックIOL

フェイキックIOLは、レーシックのように角膜を削るのではなく、角膜内部にレンズを挿入して視力を矯正する視力矯正手術です。

そのため「角膜の厚みが足りない」「近視が強い」などの理由によりレーシックが受けられなかった方でも視力を回復することが可能です。

レーシック 福岡