Top > レーシックの基礎知識 > レーシックにはどんな種類があるの?

レーシックにはどんな種類があるの?

一口にレーシックと言っても、実はさまざまな種類があるのをご存じでしたか?

それぞれで手術の方法も異なりますし、手術の方法が違いますから向いている人も違うんですよ。

そこで、ここでは主要なレーシックとその特徴を紹介しましょう。

■スタンダードなレーシック

スタンダードなレーシック手術は、マクロケラトームと呼ばれる機器を使いフラップを作成し、その後レーザーを照射して近視や乱視、遠視などを矯正する手術方式です。

比較的、リーズナブルな価格で手術を受けられるのが特徴です。

■イントラレーシック

イントラレーシックは、スタンダードなレーシックとは異なりフラップの作成もレーザーを使用する手術方式のレーシックです。

フラップの作成にレーザーを使うことで、安全かつ正確にフラップを作成できることと、手術時間もレーシックよりも短いのが特徴です。

フラップの角度や形状もその人の眼の状態に合わせられるため、スタンダードなレーシックでは手術が難しいと判断された方でも手術が受けられる可能性があります。

■エピレーシック

エピレーシックは、エピケラトームと呼ばれる機器を使いフラップを作成し、その後レーザーを照射して近視や乱視、遠視などを矯正する手術方式です。

エピケラトームと呼ばれる機器を使うことで、薄いフラップを作ることができるのが特徴です。

そのため、角膜の厚みが足りないために、スタンダードなレーシックやイントラレーシックを受けられない方でもレーシック手術を受けられる可能性があるんですよ。

■iLASIK(アイレーシック)

iLASIK(アイレーシック)は、一人ひとりの眼の状態に合わせてレーザーの照射プログラムを作成するオーダーメイドのレーシックです。

この手術は、NASAの宇宙飛行士への使用が認められていることからもわかるように、非常に精度が高いのが特徴です。

そのため、視力の回復はもちろんですが、見え方の質にこだわりたい言う方に特に向いていると言えますね。

レーシック 福岡