Top > レーシック以外の施術との比較 > レーシック vs フェイキックIOL

レーシック vs フェイキックIOL

今回はフェイキックIOLと通常のレーシックを比較していきます。

ではまずフェイキックIOLの解説に入りますが、これについてはもう既に他のページでも少しばかり触れているので、ここではもう少し内容を掘り下げて解説します。

この手術は目の中に直接眼内レンズを挿入し、視力の矯正を図る手術です。

挿入される眼内レンズは、もともとは白内障手術の際に濁った水晶体の代わりに使用されるものなので、フェイキックIOLというのは言わば白内障手術の応用版なんです。

また、眼内レンズは挿入する場所によって前房型と後房型の2種類に分類され、挿入することで得られるメリット・デメリットはそれぞれ異なります。

どちらのレンズを使用するかは患者が決めるのではなく、専門の医師が患者の目に合った方を選ぶことになります。

レンズ自体は交換や手入れをする必要がなく半永久的に使用でき、問題が起こった場合もすぐに取り出して元の状態に戻せるのでその点は心配する必要はありません。

さて、そんなフェイキックIOLはレーシックよりも主に以下の2つの点で優れています。

・角膜の切除が不要

通常のレーシックが角膜の切除をするのに対し、フェイキックIOLでは目の中にレンズを挿入するので角膜を切除する必要がないんです。

つまり角膜に厚みがない方は、フェイキックIOLを利用したほうがいいというわけです。

・視力矯正できる度数が高い

レーシックでは角膜を切除することで視力を矯正しなければならないので、角膜が薄い方では治療できる視力の度数に限界があります。

一方のフェイキックIOLは角膜の厚さや視力に関係なく、最強度近視である-10Dを超える度数でも治療が可能なんです。

以上の点で言えば、フェイキックIOLはレーシックよりも優れていると言えます。

ただ注意しておくと、このフェイキックIOLは海外と違って日本国内では比較的新しい手術なので、症例数が少なく、実施しているクリニックが少ないため費用は割高です。

なのでフェイキックIOLを受けようと思った方は、まず症例数の多い技術の確かなクリニックを選ぶようにしましょう。

レーシック 福岡