Top > レーシック同士の施術比較 > レーシックVSイントラレーシック

レーシックVSイントラレーシック

最近よく聞くようになったイントラレーシックですが、レーシックと何が違うのでしょうか?

大きく違うのはフラップの作成時に差が出る点です。

今までのレーシックではマクロケラトームと呼ばれる機器を使いフラップを作成していました。

マクロケラトームは金属の刃のついた小型機械になり、見た目はまるで大きな爪切りのような金属製のカンナになります。

これは医師の技術力により作成に差が出やすく、ひどい場合は合併症を起こしてしまう場合もありました。

一方、イントラレーシックでは安全性の高いイントラレーザーという機械を使いフラップを作成します。

コンピューターにより制御されているので、医師の技術で結果が大きく左右することもなく安心です。

さらに、イントラレーザーの方が、より薄くさらに、設定した数値通りの正確なフラップを作りやすくなります。

フラップを薄く作成すると、術後にずれにくくなります。

フラップの戻りが悪いことで起こるハロやグレア現象を抑え、夜でもくっきりした視界を手に入れられます。

今までレーシックではこのハロ・グレア現象が欠点と言われていましたが、イントラレーシックのおかげでタクシードライバーやバスの運転手などもレーシックを受ける人が増えています。

ただし、その分、手術にかかる値段は高くなってしまいます。

2つだけを比べるとすごい値段差で悩む人もいるかもしれませんが、よ~く考えてください。

現在コンタクトやメガネを使用しているなら、今後使い続ける場合のコストを1度算出してみましょう。

イントラレーシックの手術費よりもコンタクトの方がコスト高になる人の方がきっと多いでしょう。

レーシックはコンタクトのように見え方が悪くなったからと、気軽に替えたり調整したりすることはできません。

つまり最初の手術選びがとても重要ということになりますので値段で決めず、あなたに最もあった安心して受けられるイントラレーシックの方がおすすめと言えるでしょう。

レーシック 福岡