Top > レーシック同士の施術比較 > レーシックVSZレーシック

レーシックVSZレーシック

Zレーシックとレーシックの違いは、ずばり手術に使用する機械の違いです。

どちらも、フラップを作成し、エキシマレーザーを当てるという2つの作業は同じです。

Zレーシックでは、フラップを作成する際にフェムトLDVレーザーという機械を使用しています。

この機械は通称ダヴィンチと呼ばれており、Ziemer社製であることから、Zレーシックと呼ばれるようになったそうです。

Zレーシックの良い点は、フラップ作成時の出力エネルギーが小さく、短時間で済むところです。

これにより、術後のハロ・グレア現象や炎症も抑えることが可能になりました。

さらに、経過も今までのレーシックと比べ良好で早く回復する人が多くなりました。

負担が少なく済めば、より早く満足できるのは嬉しいですよね。

しかし、Zレーシックと言えど、使用している機械により違いがありますのでしっかり調べましょう。

福岡のレーシック人気ランキングで1位の品川近視クリニックでは、最新のフェムトLDVレーザーを使用しています。

品川近視クリニックのフェムトLDVレーザーにはトップビューカメラが付いており、手術中も実際の目を確認しながらの手術を行なうことができるので、確実な上安全性も高くなりました。

また、品川近視クリニックはZレーシックで世界1位の症例数を誇り、専門の指導医や臨床アドバイザーの認定証も保持しています。

Zレーシックなら安心ではなく、機械と医師の質もしっかりと見ることが大事です。

このように、今までのレーシックに比べてZレーシックなら目に優しい上、質の高い結果をもたらしてくれるでしょう。

レーシック 福岡