Top > 手術後の基礎知識 > レーシック手術後にカラーコンタクトは使用できる?

レーシック手術後にカラーコンタクトは使用できる?

レーシックを受けた後もカラーコンタクトレンズは使用可能です。

しかし、術後の目が問題なく回復した1カ月後までは使用できません。

また目の健康のことを一番に考えるのならできれば使わない方がいいでしょう。

せっかく裸眼に生活できる目になったんですからね。

特に今まではネットで購入できるだけでなく、輸入雑貨屋さんなどにも安価なカラーコンタクトレンズがあり誰でもいつでも簡単に購入できるようになっています。

その反面、カラーコンタクトレンズによるトラブルが増えているのも事実です。

レーシック手術後もおしゃれの為に使いたい場合は、下記の点をしっかり注意するようにしましょう。

●眼科医に検査を受けてから購入しよう

まずはあなた自身の目の健康状態をしっかり見てもらい異常がないか判断をしてもらってから購入しましょう。

●レンズの性能をしっかりチェックしよう

高度管理医療機器として一定の基準を満たしているかだけでなく、より酸素透過性が高いものや保水力のあるものを選ぶといいですよ。

●1カ月タイプより1データイプを選ぼう

1データイプの方がどうしても価格は高くなってしまいますが、レンズに汚れが付着することもなく衛生的です。

●装用時間を守る&短めに

装用時間はレンズによって違いがありますが、必ず守りましょう。

1データイプでは朝起きて夜寝るまで連続装用化と表示されている場合が多いですが、お家に帰ったらすぐに外すなどより短い装用で済ませるようにしましょう。

●化粧をする前に装着しよう

朝の身支度の際は、洗顔後、カラーコンタクトを装着してからメイクをする方がおすすめです。

メイク後では、油分が付いた手でレンズが汚れやすくなりますからね。

とにかくカラーコンタクトは安さや購入時の手軽さだけで決めるのではなく、高くても安全性の高いものを選んだ上で、しっかり使用方法も守りましょう。

レーシックで視力が回復したのに、また視力が落ちてしまったなんてことにならないようにしましょうね。

レーシック 福岡