Top > 適応検査の基礎知識 > 手術を見越して検査日も決めよう

手術を見越して検査日も決めよう

レーシックは適応検査を受けなければ、実際に手術を受けられるかどうかがわからないので、まずは受けるべきです。

しかし、適応検査ではただ手術が受けられるかの判断をするだけではありません。

実際にレーシックを受けた際に、手術で使用するデータの収集も行なっています。

まず、適応検査では下記について調べていきます。

・視力検査

いわゆる一般的な視力検査ですが、この結果により手術の際のレーザー照射時間などを決めますのでとても重要です。

・角膜屈折度・曲率半径検査

視力検査だけでは正確な度数は分かりにくいので、この検査でしっかりと近視だけでなく遠視や乱視についても調べます。

角膜のカープも調べますが、数値によってはレーシックを受けられない場合もあります。

・角膜形状検査

角膜の厚みが薄いとレーシックを受けることができませんので、調べて手術可能かどうかの検査をします。

・眼圧検査

コンタクトやメガネを購入する時も行っていますが、目に風を吹きかけ眼圧を調べます。

・眼底検査

近視だけでなく他に眼病はないかを見る為、瞳孔を開く薬を使用し、眼の奥まで検査をします。

この検査後は目がぼやけて見えてしまう場合があります。

・瞳孔径検査

黒目部分を測りますが、大きすぎると、夜間の光が今までよりまぶしく見えてしまうグレア現象が起こりやすいと言われています。

・涙液検査

涙の量に問題はないかを調べます。

これらの検査と合わせて医師が診察することで、眼病がないか調べたり、手術を受けられるかどうかをチェックします。

そして、手術にも必要な検査なので、医師やスタッフの指示をきちんと聞いてきちんと受けましょうね。

いざ、検査結果が良好でレーシックが受けられると分かれば、次は手術を受けます。

もちろん、ご自分の都合に合わせて手術は受けることができます。

ただし、適応検査結果を手術に使う為、検査と手術の間が空きすぎると再検査を受けないといけなくなることもあるんですよ。

また、コンタクトを利用している人にとっては、検査と手術の間が短い方が、使用中止期間が短く済みます。

それらのことも踏まえて、適応検査を受ける日は、手術日も想定した上で受けた方がいいですよ。

しっかり事前に計画しておくことで、よりスムーズに適応検査も手術も受けることができるでしょう。

レーシック 福岡