Top > レーシックコラム > 手術不要のオサートはレーシックより安全?

手術不要のオサートはレーシックより安全?

寝るだけで視力が回復するオサートって知っていますか?

しかも手術の必要もなく、近視も老眼も治ると言われているオサートはテレビでも紹介されました。

まず、オサートは学術名はオルケソラトロジーになります。

クリニックにより呼び名が違いますが、どちらも同じ方法になります。

オサートの方法は簡単で、夜、睡眠前に専用のコンタクトレンズを付けておくだけです。

実はこのコンタクトレンズを長時間装着することにより、角膜を変形することができ、視力が回復するんですよ。

《オサートのメリット》

・手術の必要がなく、矯正できない場合がほとんどない

・レーシックを受けられない子供でも可能

《オサートのデメリット》

・使い続けないと視力改善の効果も続かない

・一時的に角膜を変形させているだけなので中には午後には視力が戻ってしまう人もいる

・近視が強ければ裸眼で見えるようになるまでに1年かかる場合も

オサートもレーシックと同じくクリニックへ定期的に通わなければなりません。

また、手術はしないと言えどコンタクトをしたままの就寝は安全とは決して言えません。

オサート用のコンタクトは、通常よりも厚くなるので酸素を通しにくく、安全性が高いとは言いにくいでしょう。

なにしろ現在ではコンタクトによる眼病は増えています。

例えば角膜潰瘍はコンタクトに傷があることが原因により、視界が悪くなるだけでなく失明するケースもあるんですよ。

角膜浸潤は、長時間による使用や汚れたコンタクトを装着することで涙が止まらなくなり、こちらも失明する恐れがあります。

またオサートは、レーシックよりも対応しているクリニックは日本では少なく、とても歴史が浅いのが事実です。

後は、睡眠時間が短すぎる人や不規則な睡眠をする人には効果が薄くなってしまうでしょう。

そして、料金ですが38万円前後とレーシックよりも高額になってしまいます。

さらには、継続しないといけない為、交換や紛失した際のレンズ代や検査代など追加でかかる料金も増えてしまうでしょう。

継続し続け、午前中しか裸眼でいられないかもしれないオサートよりも、レーシックの方がやっぱりおすすめですね。

レーシック 福岡