Top > 手術後の基礎知識 > レーシック後に良く見えすぎて違和感がある場合は

レーシック後に良く見えすぎて違和感がある場合は

レーシックは裸眼でいられるように視力を矯正する手術です。

その人の目に合わせて、レーザーの当て方を調整をすることで視力の度数も変化させることは可能です。

だからと言って、視力は高ければいいという訳ではありません。

見え過ぎると、目が疲れやすくなってしまうなどのデメリットもあるんです。

しかし、手術後は安定していない為一時的によく見えすぎてしまう場合もあります。

徐々に改善はしていきますが、それぞれ人により違いが出る場合もあり、数日の人もいれば数ヶ月違和感が続く人もいます。

一概には言えないので、術後は決められた定期検診はもちろん、不安な点があればどんどん相談しましょう。

定期検診以外にも術後無料で検診を受けられるクリニックだといいですね。

さらに、電話やメールなどでいつでも気軽に相談できる窓口があれば安心ですよ。

ただし、いくら時間が経ってもそのままという場合もあるかもしれません。

その場合は再手術を受けることは可能です。

万が一に備えて、再手術も無料で受けられるクリニックを選んでおきましょう。

とは言っても、再手術は誰でも受けられる訳ではありません。

角膜が薄くなり、再手術は受けられない可能性もあります。

その為、確実な手術を行なってくれるクリニックを選ぶことがとても重要です。

しかし、ご自身でも気をつけなければなりません。

よく見えすぎてしまう原因は、手術の際に矯正し過ぎた為です。

なぜそうなるのかと言うと、残業続きなどで疲れたまま適応検査を受けていては、通常の目の状態を測定はできませんよね。

また、決められたコンタクトの使用制限を1日ぐらいいいやと使用してしまってもいけません。

適応検査では、ただレーシックが受けられるかを判断しているのではなく、実際に手術で使うデータも計測しています。

つまり、再手術になる原因はご自身の場合も大いにあるだけでなく、術後の結果も心構え次第で変わってくるんですよ。

信頼できるクリニックを見つけることと、ご自身でもしっかり注意することを守りましょうね。

レーシック 福岡