Top > レーシックの基礎知識 > 福岡でも遠視も近視と同じレーシック手術で矯正可能

福岡でも遠視も近視と同じレーシック手術で矯正可能

レーシック=近視を矯正するというイメージが強いですが、遠視も乱視も矯正可能なんですよ。

レーシックは、レーザーを当て角膜を削ることで、眼球に入る光の屈折率を調整する手術になります。

近視・遠視・乱視とそれぞれに合わせて設定の調節が違うだけで、手術方法は同じになります。

もちろん、遠視でも近視と手術費用は変わりませんのでご安心ください。

日本人の遠視は、近視に比べて少なくなる為、体験談など少なくなってしまいます。

しかし、同じ手術なので、近視や乱視でレーシックを受けた人の体験談もお役に立つはずですよ。

最近は遠視用のコンタクトもありますが、近視用の凹レンズと比べて、遠視用は凸レンズになりどうしても分厚くなってしまいます。

その為、酸素透過率も低くなってしまうので、目に負担をかけてしまいがちです。

また、遠視用の眼鏡のレンズはいわゆる虫眼鏡と同じで、目とレンズの距離の違いにより目の大きさが変わってしまうので、フレームもなかなか好きなものから選びにくいこともあるでしょう。

サングラスも度入りのレンズにしないといけない為、ファッションに合わせて作ろうと思ったらとてもお金がかかってしまうでしょう。

また、遠視は度が進めば遠くが見えないだけでなく、近くも見えにくくなってしまいますよ。

ちょっとぐらいと放っておいては、度が進んだり、コンタクトの使用により角膜が薄くなり手術が受けられないということもあるので、早めにレーシックを受けることがおすすめです。

と言っても、どれでも自由に手術方法を選べる訳ではありません。

遠視の人もまずは、適応検査を受けてみないといけません。

またクリニックによっては手術を受けられないと言われることがあるかもしれません。

しかし、クリニックにより扱っている手術方法は同じではないので、諦めずに他でも検査を受けてみましょう。

当サイトの福岡県レーシック眼科ランキング上位のクリニックなら、どこでも無料で検査を受けることができますよ。

検査をしたからと言って即、手術を決めなくても大丈夫なので、いろいろ受けてみるといいでしょう。

ただし、検査で使用する薬の影響がある為、同日2つのクリニックへはしごして検査することはできませんのでご注意ください。

レーシックを受ければ、裸眼で快適になるだけでなく、遠視による偏頭痛や肩こりともサヨナラできるでしょう。

また、我慢していたサングラス、ファッション眼鏡、カラーコンタクトなどおしゃれも楽しむことができるようになりますよ。

レーシック 福岡