Top > レーシックコラム > 福岡レーシック対決!クリニックVS眼科

福岡レーシック対決!クリニックVS眼科

福岡県内だけでも、レーシックを受けられる所はいろいろと検索することができます。

ここではレーシックを専門的に扱っている所を"クリニック"、一般的な眼の治療も行っている所を"眼科"と分けてどのような違いがあるかを比べてみましょう。

まず、福岡の眼科のメリットとデメリットを挙げ、クリニックと比較していきましょう。

《眼科のメリット》

●担当医が決まっている安心感

眼科の場合、最初から最後まで同じ医師が担当してくれる場合が多いでしょう。

それに比べてクリニックでは効率を良くするため、毎回医師が違う場合もあるでしょう。

しかし、福岡でも人気第1位の品川近視クリニックなら、どの医師もレーシックのスペシャリストで経験豊富なので任せて安心なんですよ。

●レーシック以外の目の治療も可能

眼科ではレーシック以外の診察や治療も可能なのはうれしいですね。

ところが、クリニックの医師もレーシック手術だけができるのではなく、一般的な眼科医師としての経験を持った眼科専門医なんですよ。

そのクリニックでは治療ができない場合もありますが、しっかりと眼病など異常がないかを診断してくれるでしょう。

品川近視クリニックでは、レーシックだけでなく、白内障・飛蚊症・ドライアイの治療も可能です。

福岡で人気第2位の神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けたら、1年間のドライアイと花粉症の治療費と薬代も無料となっていますよ。

《眼科のデメリット》

●土日祝日が休みが多い

当サイトのレーシック手術眼科一覧に載っている眼科をチェックしてもお分かりの通り、土日祝日が休診日の所が多いんですね。

レーシックは入院の必要はありませんが、手術翌日の検診は必須となっています。

平日しか手術を受けられない上、翌日も検診に通うとなると、仕事が忙しい人には通いにくくなってしまうでしょう。

それに比べてクリニックは土日祝日も手術を受けられる所が多くなっています。

品川近視クリニックも神戸神奈川アイクリニックも、土日祝日も手術可能ですよ。

さらには、診察時間も眼科と比べると長いので、定期検診も通いやすくなりますね。

●手術数はクリニックと比べると下がる・・・

レーシックだけを専門に扱っているクリニックと比べると、一般治療も行っている眼科は手術数が少なくなってしまいます。

大事な眼の手術なので、できるだけ経験の多い医師に手術を行って欲しいですよね。

他にも、品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックでは適応検査や定期検診は無料ですが、眼科は有料となっている所が多いんですよ。

このように比べると、福岡でレーシックを受けて満足したいなら眼科よりレーシックを専門的に扱うクリニックがおすすめですね。

レーシック 福岡