Top > レーシックコラム > レーシックで人相は良くなる?悪くなる?

レーシックで人相は良くなる?悪くなる?

レーシックを受けたことで、ただ裸眼になれるだけではなく、もう一つうれしいメリットがあります。

実際にレーシックを受けた人の感想をチェックしてみるとよく聞くのは、『人相が良くなった』ということです。

メガネが似合っていれば知的な雰囲気でいいのですが、似合わないけどコンタクトは使いづらいから仕方なく・・・という人もいらっしゃいますよね。

また似合っていても、度数が合わないことで見えにくく、にらんでいるように見られたりと悪い印象になることもあります。

他にも、近視は度数が上がると目が通常より小さくなり、逆に遠視は大きくなるなどと、顔の印象も大きく変わってしまうこともあるでしょう。

つまり、メガネが似合っている人も印象を変えたいなら度が入っていないファッションメガネで十分なんですよ。

レーシックを受けておけば、TPOに合わせて、自由に選びたい放題ですよ。

また、メガネが不要な場面でもはっきり見ることができるんですからね。

そして今、巷でよく言われているのが、『レーシックを受けることによって人相が悪くなるのでは?』ということではないでしょうか。

レーシックを受けたサッカーの本田選手の人相が変わったのはレーシックに失敗したからだとネットでは取り上げられています。

確かに、昔の写真などと比べると最近の本田選手の人相は違いがあるでしょう。

しかし、じっくりよく見てみましょう。

左右の黒眼の位置も正常なので、斜視ではありません。

何がおかしいかというと、まぶたの開き方が左右で違う為、人相が変わって見えているんですね。

まず、レーシックでは、角膜にレーザーを当てるだけなので、まぶたも神経にも影響はあたえませんから、レーシックで人相が変わることはありません。

ちょっとした表情の撮り方でも左右のまぶたの開きが異なって取られることもあるのですし、これだけでレーシックの影響とも言えないのです。

本田選手本人はレーシックによる後遺症もないと言っていますし、活躍しているプレーを見れば問題ないのがすぐに分かるでしょう。

ネットではちょっと騒ぎ過ぎですが、これだけ多くの人がレーシックを受けているのに他に人相が変わったという人が出てくることも聞くこともありませんから安心していいですよ。

このようなことから、レーシックを受ければ、人相は良くなる場合が圧倒的に多いと言えるでしょう。

今まで目が小さく見えてた人や、つい細めて見てしまっていた人もレーシックで好印象になるはずですよ。

レーシック 福岡