Top > レーシックコラム > 温泉・祭と楽しみいっぱいの朝倉市民はレーシック時期も考慮

温泉・祭と楽しみいっぱいの朝倉市民はレーシック時期も考慮

福岡の中南部に位置する朝倉市民でレーシックを受けたい人はレーシックの時期も考えておきましょう。

まず朝倉市には2つの大きな奇祭がありますよね。

・おしろい祭り(12月上旬)

五穀豊穣を祈願するお祭りで、新米を粉にし、水で溶いたおしろいを顔に塗って占いというお祭り

・泥打祭り(3月下旬)

家も人も道路も泥だらけになり、代宮司に泥が付くほど豊作とされるお祭り。

メガネやコンタクトでは参加できなかったり、見るだけで楽しんでいたという人もいるでしょう。

しかし、レーシックを受ければ、しっかりお祭りに参加でき楽しむことができるでしょう。

また、朝倉市には原鶴温泉など、福岡県の中では有名な温泉がたくさんあり、楽しんでいる人もいるでしょう。

温泉に入る場合、裸眼だと見えにくい場合がありますよね。

せっかくの絶景が見られないのはもったいないでしょう。

また、コンタクトをつけたままでは、外れてしまったり、気軽に顔をバシャバシャ洗うのも気を使ってしまいますよね。

レーシックを受ければ、絶景もはっきり見ることができ、コンタクトを紛失する心配もなく今までより楽しむことができるはずですよ。

《楽しむ目的に合わせて手術日を決めよう》

ただし、お祭りの場合、どちらも目に泥やおしろいが入ってしまう恐れがあります。

レーシックの術後1ヶ月ぐらいは目に異物が入ってはいけないように気をつけなければなりません。

手術翌日からシャワーやお風呂に浸かることも可能です。

しかし温泉も公共施設でいろいろな人が利用しているので感染症を防ぐ為、術後1ヶ月は控える方がいいんですよ。

これらのことから、レーシック手術を受ける時期をしっかり考えましょう。

お祭りも温泉も楽しみたいのであれば、夏のうちにレーシックを受けておくといいですね。

ただし、その夏のプールは温泉同様に、術後1ヶ月は入れないので注意しましょう。

このように、術後1ヶ月は我慢しなければならないことも出てきますので、空いている時期を狙ってレーシックを受けましょう。

もちろん、1ヶ月とは、順調に回復した場合であり、安定するまでに時間がかかってしまうこともありますので、余裕を持って早めに受けておくといいですね。

レーシック 福岡